突撃の狼煙

あまり意味のないblog。話題はゲームが多いかな?基本は不定期に適当に更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドラゴンボール レイジングブラスト 感想

img100115.jpg
個人的満足度:★★☆☆☆ (星2つ)
(↑購入した値段は考慮せずに評価しています)

PS3版。
ビックカメラのワゴンセール(新品2980円)にて購入。
すぐに値段が下がったので、発売日に買わなくて正解だと思ったけど、
そもそも買ったこと自体が不正解だったのかもw

- 良い点 -
・ドラゴンボールらしく戦える
 ピシュン!と避けたり、ドゴン!とふっ飛ばしたり、
 一応、ドラゴンボールっぽく戦える。

・原作を再現した必殺技が多い
 原作で使った必殺技は大体網羅されている。
 元気玉や怒りのかめはめ波(超サイヤ人・片手撃ち)の演出が特に良い。

- 悪い点 -
・絶望のカメラワーク
 絶望するほど酷く、製品化して良いレベルじゃない。
 頭上・足元・壁際に敵が居るときは全く見えない。
 こっちは全く見えないけど敵は攻撃してくるから、何が起こったのか分からないまま
 ふっ飛ばされたり、必殺技を当てられたり、回り込まれたりして、本当にストレスが溜まる。
 マップによっては、戦っている時間の半分くらい敵が見えないことも。
 一応、カメラの視点切り替えはあるけど、切り替えても死角になっていて、全く意味がない。
 ゲーム内容は、そこまで悪いわけじゃないけど、
 このカメラワークの酷さが全てを台無しにしている。

・インストールがない
 HDD標準搭載のPS3にもなって、インストールがなくロードがそこそこ長い。
 PS3のソフトはインストール機能を標準搭載にするべき。
 実際にインストールするかはユーザに任せる形で。

・スティックぐりぐり
 ダウン時や撃ち合いのときにやたらスティック回しを要求される。
 Sparking!シリーズからの伝統か知らないけど、スティックが粉をふくのでやめて欲しい。
 次回作もスティック回しがあるなら、もうそれだけで買わない。

・原作再現が適当
 しきりに撃ち合いや必殺技を避けろ!とかを強制させられる。
 原作にないようなことまで、わざわざカットインしてくるので非常にテンポが悪い。
 印象の深かったシーンだけをピックアップする形で充分。

・無駄なステージが多い
 フリーザ編でベジータの「このオレを半殺しにしろ!」までステージとして再現する必要あるのか?
 しかも、他のステージと何も変わらず、普通に戦うだけの水増しステージ。

・隠し要素の解放が面倒
 やり込みという名の面倒なだけでストレスが溜まる代物はプレイする気すら起きなくなって来た。
 ステージ中に、ある特定の条件を満たすとスターが手に入って、
 それと引き換えに隠し要素(コスチュームやBGMなど)を買う仕組みなんだけど、
 製作者はコレ(※)が本当に面白いと思って設定したのだろうか?
 ※……「相手の後ろから投げを決めろ!」や「気弾はじき返しを10回せよ!」などなど

・フリーズ多発
 3,4時間に1回位のペースでフリーズする。(80GB FW3.15 新品購入1年未満)

- 総評 -
 とにかくカメラワークが酷い。コレさえまともならまだ売らなかった。
 カメラワークが酷く、フリーズが多発して、コントローラが壊れても良いなら購入しても良いかも?
 それでも、ドラゴンボールによっぽどの思い入れがないとツラい。

* * * * * * * * * *
★☆☆☆☆(星1つ) …… すぐに売却 or 処分するレベル
★★☆☆☆(星2つ) …… いずれ処分する可能性あり。続きが出てもおそらく買わない。
★★★☆☆(星3つ) …… 買って良かったと思う。続きが出たら買う。
★★★★☆(星4つ) …… 心から買って良かったと思う。何度も繰り返し読む or 遊ぶ。
★★★★★(星5つ) …… 墓場まで持って行きたい一品。
* * * * * * * * * *
スポンサーサイト
  1. 2010/01/15(金) 21:38:47|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NINJA GAIDEN Σ2 感想

img091112.jpg
個人的満足度:★★★★☆ (星4つ)

忍者龍剣伝は、プレイ経験あり。
NINJA GAIDENになってからは初めて。

良い点:
・質の高いテクスチャ(グラフィックが綺麗)
 PS3の中でもかなり綺麗な方。
 地面や武器の質感が凄くて、実写と見紛うレベル。

・9種類の多彩な武器(女キャラの武器を入れると、12種類)
 敵によって有効な武器が異なるので、色々と試行錯誤するのが楽しい。
 また、同じ敵でも出現する数によって、違う武器を選んだりと臨機応変に対応するのも面白い。

・敵が強い
 最低難易度から、敵が容赦なく襲い掛かって来るから全く気が抜けない。
 1体が強攻撃でガードを崩し、もう1体が弱攻撃で着実にヒットさせてくるなど、
 連携もある程度考えられているようにも感じられる。

・決めシーン(ムービー)がかっこ良い
 絶妙のカメラアングルに、リュウ・ハヤブサのかっこ良さが光る。
 ムービー鑑賞モードがないことにコレほど悔やんだゲームも珍しい。
 
・自分がうまくなる快感
 このゲームに限らずアクションゲーム全般に言えることだと思うけど、
 自分がうまくなって、魅せられるような動きが出来るようになると、面白さが一気にUP。
 リプレイ機能があるので、自分のプレイを録画して、後で観るのも面白い。

悪い点:
・有料DLCの予感!?
 飛び道具に空欄が1つ残っているけど、おそらく有料DLCだと思う。
 無料なら良いけど、わざと出し惜しみをして、あとから金を取る方式は好きになれない。
 とは言いつつ、風魔手裏剣で300円くらいなら買ってしまいそうだ……

・ティアリングが多い
 解像度やフレームレートは高品質を維持しているんだから、ティアリングも頑張って欲しかったが……
 まあ、慣れれば気にならなくもない。
 (敵が多く、雨や雑草などの処理やオブジェクトが多い場所だと、それなりに処理落ちも。)
 
・カメラワークの悪さ
 悪い意味で言えば、カメラがあまり追尾してくれなくて親切じゃないんだけど、
 良い意味で言えば、自分でカメラワークを制御して戦うことが出来る。
 如何に、敵全体を把握するようにカメラを動かすのかも戦闘の要素の1つ。
 ただ、カメラを素速く回せない狭い場所での画面外からの攻撃はストレスが溜まる。
 オブジェクトの裏側に回りこんで、透過処理をする形にしてくれればプレイしやすいんだが……
 セガかコナミ辺りが特許持ってるから、安易に使えないんだっけか?

・ロードが長い
 インストール(約3.3GB)必須で、それでも結構長い。
 ショートカットメニュー(武器変更や道具使用)で約2,3秒。
 宝箱開けるのに約4,5秒、忍法の書などを拾うのに約10秒。
 ステージ前の読み込みとかは、約30秒~1分。
 ゲームオーバーからのコンティニューで約20秒~30秒。

総評:
グラフィックやゲームシステムにおいて、かなり質の高いアクションゲーム。
ムービーは簡潔にまとめられていて、ダレることがないのも嬉しい。
(↑リアルタイムレンダリングをムービーと称して良いのかは疑問。)

最低難易度(忍の道)でも、そこそこ難易度は高いので、
アクションゲームに自信のない人は手を出さない方が無難。
(↑アイテムごり押しなら、もう少し難易度は下がると思うが……)

* * * * * * * * * *
★☆☆☆☆(星1つ) …… すぐに売却 or 処分するレベル
★★☆☆☆(星2つ) …… いずれ処分する可能性あり。続きが出てもおそらく買わない。
★★★☆☆(星3つ) …… 買って良かったと思う。続きが出たら買う。
★★★★☆(星4つ) …… 心から買って良かったと思う。何度も繰り返し読む or 遊ぶ。
★★★★★(星5つ) …… 墓場まで持って行きたい一品。
* * * * * * * * * *
  1. 2009/11/12(木) 22:49:25|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真・三國無双5 Empires 感想

img090927.jpg
個人的満足度:★★★☆☆ (星3つ)

期待し過ぎたことを差し引いても、あまり良い出来ではない。

「ゲームを面白くしよう!」という意気込みが全く感じられず、
いかに楽に作るかに重点を置いたようなやっつけな新システム。

一騎当千(特殊技)を使った武将と総大将が異様に硬く、撃破するのに時間がかかる。
アルゴリズム的な強さではなく、単純に攻撃力・防御力を上げただけなので、
全然手強くなく、ただ単純に面倒臭いだけ。
しかも、それをほぼ毎戦闘繰り返すので、苦痛以外の何物でもない。

撃破した武将の復活スピードが速すぎる。
毒矢を使った時間をデフォルトにするべき。

敵本陣を制圧しても、敵武将がどんどん沸く。
制圧する意味が希薄。

味方AIの頭の悪さ。
敵本陣に兵站線が繋がると、敵勢力下であろうと関係なく、高確率で突撃。
そして、ドンドン敗走する。
更に、一定時間経つと命令が勝手にキャンセルされるので、
拠点防御を命じていても気が付いたら、敵本陣へ突撃して敗走!なんてこともザラ。
(修正パッチでも改善されなかったから、おそらくは仕様なんだろう。意味不明な仕様だが……)

内政システムがクソ。
歴史シミュレーションゲームを作っているメーカーとは思えないほどお粗末。
シンプルと手抜きを履き違えている。

戦闘中の掛け合いがほぼなし。
内政イベントもほとんどなし、あってもかなりやっつけ。

グラフィック以外、良いところなし。
「ゲームの面白さはグラフィックではない」という意見を持っていたけど、
グラフィックの進化がここまでモチベーションを持続させられるものだとは思わなかった。
城壁から遠方の敵まで見渡せるので、三國志の戦場に居るという臨場感が沸く。
敵味方の最大表示数が増えてるので、前作・前々作のような小隊同士の戦いではなく、
大隊(or 中隊)同士の戦いが出来ることも良い。

↑の2点が5Empiresで評価できる数少ない要素であり、
また、プレイするための原動力にもなっていることは確か。

* * * * * * * * * *
★☆☆☆☆(星1つ) …… すぐに売却 or 処分するレベル
★★☆☆☆(星2つ) …… いずれ処分する可能性あり。続きが出てもおそらく買わない。
★★★☆☆(星3つ) …… 買って良かったと思う。続きが出たら買う。
★★★★☆(星4つ) …… 心から買って良かったと思う。何度も繰り返し読む or 遊ぶ。
★★★★★(星5つ) …… 墓場まで持って行きたい一品。
* * * * * * * * * *
  1. 2009/09/27(日) 22:08:39|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PS3 機動戦士ガンダム戦記 感想

img090908.jpg
個人的満足度:★☆☆☆☆ (星1つ)

「機動戦士ガンダム戦記オンライン」とかなら、ここまで酷い評価にもならなかっただろう。

オンラインで協力プレイしないと手に入らないMS・武器・パーツが多すぎる。
オフラインだと半分くらいしか入手できない。

最低でも「オフラインでも入手可能、オンラインだと皆で協力してより簡単に入手」って形にするべきだろ。
オンラインを強制されることを嫌う人間も居ることを忘れんな!
こういうゲームは1人でゆっくりと進めたいんだよ。
それでMSやパーツが揃った頃、息抜きにオンラインで協力プレイや対戦とかね。

それに、ゲームバランスがオンライン前提としてバランス組まれてるから、
1機(僚機はAIがクソ過ぎて役立たず)ではどうしようもないミッションが多い。
ミッション自体も「防衛目標を護衛」だとか「基地内に敵の侵入を許すな」とか、
制限がいっぱいあって、つまらないものが多い。

PS2版の戦記と同じ開発(ベック)だからと安心してたら、
今回手がけたのは悪評高いターゲットインサイト作ったグループか。
同じタイトルだし、PS2版を作ったグループが作るものだと思ってたら……
今度から、要注意だな。

「機動戦士ガンダム戦記 1%」
ああ、無駄に獲得してしまったトロフィー消してぇ……
  1. 2009/09/08(火) 11:51:36|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス 感想

難易度ノーマルクリア。

ダンジョン探索型。
丁寧な作りで安定した面白さがある悪魔城ドラキュラ。
今回もそれは健在。

レベルを上げれば何とかなるって意味では難易度低め。
他のシリーズと比べても、簡単な部類。

敵を撃破したとき、一体一体にやられグラフィックやエフェクトが用意されてるのも凄い。
こういう細かな配慮が、ゲームを続けるための良いモチベーションに繋がる。
ドット絵もかなり綺麗で描き込まれている点も良い。

画面上にマップ(or ステータス)、画面下にプレイ画面。
DSの二画面をうまく活用している良い例。
ダンジョン探索型だとマップを見ることが多くて、
DS以外の機種だと、その度にポーズをして確認する必要があったけど、
二画面のおかげでストレスフリーに遊べる。

従来のファンには当然として、シリーズ未経験者もアクション好きならお勧め。
個人的満足度:★★★★☆ (星4つ)

以下、ネタばれ。
[悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス 感想]の続きを読む
  1. 2009/08/24(月) 22:00:08|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

DS版 ドラゴンクエストIV 感想

ドラクエの中では、4番目に好きな『IV』。

5章開始時のフィールド音楽は、
勇者が1人旅立つの心細さを醸し出す素晴らしい曲だと思う。
導かれし者たちが全員揃ったときのフィールド音楽の変更も良い演出。

話には聞いていたけど、DS版は難易度低いなぁ…。
「めいれいさせろ」の追加や味方のパラメータ増加で簡単になったPS版より格段にぬるい…。

今まで使ったことがない(or 少ない)キャラで進めようと思って、
「勇者・ライアン・ミネア・ブライ」でクリア。
スクルトがないから、バルザックで苦戦するかな?とか思ったけど、
苦戦どころかスクルトが不要なほど物理攻撃が弱いw

そういえば、勇者がモシャスを覚えなくなってるな。
PS版から削除されてたみたいだけど、PS版のときは気付きもしなかったw

懐古的な意見になるけど、DQ4の醍醐味は学習型AIだと思ってる自分にとっては、
リメイク版(PS,DS)の予め敵の弱点を知ってる完成型AIはあんまり好きじゃない。

「めいれいさせろ」の追加は仕方ないとしても、AI戦闘はFC版の学習型にして欲しいな。
学習型だと初見のボスには基本的にザラキ連発になるから、学習のタイミングを戦闘終了後ではなく、
数ターン後にしたり、ボスにはザキ系を使用しないことを予めプログラムさせておけばいいかな、とか。

昔は「みんながんばれ」と「じゅもんをせつやく」の違いが分からなかったけど、
こうして、解明されている内容(※)を見ると、色々と奥深いことが分かる。

以下、引用かつ修正。(※)
・『みんながんばれ』…汎用性が高い。反面、特徴が無いので次の行動を予測し難い面もある。
・『じゅもんをせつやく』…ザキ系も含め攻撃呪文を使わなくなるが、回復は普通に行ってくれる。
・『ガンガンいこうぜ』…実は補助呪文を使わせる為に利用される作戦でもある。AIの行動優先順位が、
 「攻撃呪文>補助呪文>打撃」の為、攻撃呪文が効かない敵なら確実に補助呪文を使う。
・『いのちをだいじに』…スクルトやフバーハ等を使わせたい時に。回復行動の優先順位が高い。
 肉弾戦キャラに祝福の杖等を持たせておき『いのちをだいじに』指示で、いわゆる「AI回復」を狙う。
・『いろいろやろうぜ』…あらゆる行動を行う可能性がほぼ均等にある。要は完全なランダム行動。
 聖水でメタル狩り・はぐメタ盾を使わせる・スクルト&フバーハ狙い、ボス戦学習等に。
・『じゅもんをつかうな』…魔法職は優先行動が「補助呪文>打撃」なので、強制打撃命令用。
  1. 2009/08/16(日) 15:20:21|
  2. ゲーム感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

タタ

Author:タタ
MySpec:
好きなゲームジャンル:RPG、ACT、レースゲーム
好きなミュージシャン:FIELD OF VIEW、福山雅治
好きな漫画:蒼天航路、魔王ダンテ、初恋限定。、みなみけ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。