突撃の狼煙

あまり意味のないblog。話題はゲームが多いかな?基本は不定期に適当に更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

true tears 感想

早速、観てみた。
1クールなので、あっという間だけど、物語の質は高かった。

物語についてや登場人物の心理描写について、与えられる情報量は少なく、
直接的な言動はあまりないければ、それらを推測できる余地を残しているのはうまいと思った。

例えば、最終話で主人公の母親が比呂美に向けた「待つって、体力いるわよね」のセリフとか。
この言葉だけで、母親と比呂美の今までとこれからの関係を間接的に、
視聴者に推測させることが出来るのが凄い。
なぜ、母親が比呂美を嫌っていたのかの本当の意味が分かる気がした。
(↑ 自分の息子を取られるって理由以外にね)

ただ、与えられる情報量が少なく、また比喩されていたりするから、分かりづらいところがあったのも事実。
この辺は、もう1度観直してみると分かりそうな感じがする。

作画も安定していて、演出も素晴らしく、物語の本当の意味まで捉えられるようになると、
きっと凄い作品と思えるんだろうなぁ…と。
ただ、個人的には、もう1度観る気はあまりなく、もういいかなってのが正直な感想。
好き嫌いが分かれる作品だと思うし、ハマることが出来れば、どっぷりハマるんだろうと思う。
考察好きな人とかいいかも。

以下、ネタばれ。

楽しめなかった要因の1つが主人公のヘタレっぷり。
三角関係になる以上、ヘタレは避けて通れないかも知れないけど、
それを早い段階で克服した主人公であれば、評価はもっと高かった。
まあ、その点で言えば、良くあるギャルゲーの1つに過ぎない印象。
(↑ 大本のコンセプトはPCゲーからだけど)

ヒロインの1人の比呂美は、いわゆる当て馬な存在かと思ったら、
そうではなく、最終的に主人公と付き合うのは比呂美なわけで。

比呂美の心理描写は、この作品で一番評価できる点かも知れない。
普通のアニメでは、あんな露骨にヒロインの負の部分(女としての嫌な性格 etc)は描画しないだろうし、
例え、描画したしても、最後に主人公と結ばれるわけはないと…。
酷評してるけど、そんな自分は比呂美派だけどねw
スポンサーサイト
  1. 2009/06/28(日) 16:09:50|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<色々雑談 090706 | ホーム | ロックマン9 野望の復活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gralandsf03.blog34.fc2.com/tb.php/529-3f3a4f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タタ

Author:タタ
MySpec:
好きなゲームジャンル:RPG、ACT、レースゲーム
好きなミュージシャン:FIELD OF VIEW、福山雅治
好きな漫画:蒼天航路、魔王ダンテ、初恋限定。、みなみけ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。